DiDiが東京エリアに進出!初回クーポンや乗車レビューなど詳しく解説!

f:id:uaxblog:20190216221635p:plain

お久しぶりです。ハナヤです。今回はついに東京エリアに上陸したDiDiについて詳しく説明させていただきましょう。

ついにDiDiが東京エリアに上陸

これで東京エリアでまともにつかえるタクシー配車アプリは、JapanTaxiとMOVに続き3例目になります。これらのアプリの使い方は以下記事をどうぞ。

DiDiとはなんぞや

f:id:uaxblog:20190216211932p:plain

DiDiは中国の企業(日本法人はソフトバンクとの合弁で設立)で、いわゆるUberのようなサービスを展開しています。日本ではタクシーの配車サービスを展開していますが、本国である中国ではUberと同じく白タクを中心に配車サービスを展開しています。

DiDiが最初に本腰を入れたのが大阪なので、大阪ではかなりのシェアがあります。

アプリを入れよう!

現在、以下リンクから登録することにより、¥1,500のクーポン(¥1,000分と¥500分)のクーポンを獲得出来ます。画面に従って登録を進めましょう。

今すぐクーポンを獲得する

クーポンコードでも取得可能:

JPGPGVJU 

なお、クーポンは額面が大きいものから自動的に適用されます。

使ってみたレビュー

さてここからはタクシーアプリをほぼ毎日利用しているハナヤが詳細にレビューしていきます。

アプリの見た目

f:id:uaxblog:20190216213846p:plain

まずはアプリのUI云々に関しての感想です。 Uberと同じく、UIは世界共通なので他の国で使っても同じ画面構成で表示されるのかと思います。

イマイチなポイントとしては、タクシー運賃の予想料金が予想されない点。上図のように”メーター料金”としか表示されません。せっかくGPSで距離も試算できるののもったいない。

タクシー会社

東京エリアでは以下のタクシー会社が利用しているようです。

・コンドルタクシー(タレントでもある生田佳那さん在籍で有名)

・東京タクシー(行灯がTOKYO TAXI)

・第一交通(どの都道府県でも走っている)

・ゴールド交通

なお、タクシー会社の選択はできません。また、迎車料金が各社異なり、無料もあれば有料のところもあります。(当初ゴールド交通は迎車無料であったが、¥300に改訂)

・コンドルタクシー,第一交通(23区),東京タクシー▶¥310

・ゴールド交通,第一交通(武蔵野)▶¥300

また、支払方法はネット決済がメインですが、車内決済も設定すれば可能です。(他アプリ同様にクーポン利用はネット決済限定)

タクシーのつかまりやすさ

f:id:uaxblog:20190216215312p:plain

次にタクシーのつかまりやすさですが、対応会社がまだ4社しかない、大手四社ほど車両数がないため、車が多い都心中心でしか配車できない印象。

実際にこれまでに5回ほど利用しましたが、都心中心でも配車できないこともありました。

配車確定するとドライバーのフルネームが表示されます。(海外準拠?)

f:id:uaxblog:20190216215852p:plain

配車中〜乗車後画面がこちら。配車中は、他アプリ同様リアルタイムで車両位置が表示されます。また、ドライバーとメッセージによるやり取りや通話もできます。わかりにくい待ち合わせ位置を伝える際に便利じゃないのでしょうか。

乗車後、ネット決済なら即座に引き落としが実行されます。(JapanTaxiやMOVとは異なり、料金はタブレットに手入力するらしい)

また、乗車後レビュー(👍と⤵で評価)もできます。

今後に期待!

現在、東京のDiDiは試験運用という丁で運用されているのでもしかしたら今後もっと便利になるかもしれません。今後の動きに注目です。

小田急多摩センター駅のサンリオアートステーションに行ってみた!

こんにちは!ハナヤです。

今回は、小田急多摩センター駅でサンリオとコラボしたサンリオアートステーションが始まったので行ってみたというお話です!

小田急多摩センター駅構内がサンリオキャラクターでラッピング!

小田急線を運営する小田急電鉄サンリオピューロランド等を運営するサンリオエンターテイメントは、2018年12月6日(木)から小田急多摩線小田急多摩センター駅構内において、サンリオキャラクターを使用した全270面のデザイン装飾を展開して駅空間を一新しました。

既に、京王相模原線京王多摩センター駅ではサンリオのラッピングがされていたのでついに我らが小田急先生もやってくれたと沿線民として嬉しい限り。

実際に行ってみた!

ということで沿線民で多摩センターにはよく行くのでついでに撮ってきました!

今回のラッピングではハローキティマイメロディ・ポムポムプリン・シナモンが描かれています!

駅構外編

f:id:uaxblog:20181211230155j:plain

f:id:uaxblog:20181211230548j:plain

改札外にもラッピングがされています!サンリオ好きな方にはたまらないのでは!?

ぜひ、ピューロランドに行く前にキャラクター達と一緒に写真を撮ってみて!

f:id:uaxblog:20181211230718j:plain

ピューロランドへの道順もちゃんと描かれています。

f:id:uaxblog:20181211230926j:plain

券売機もこんなにかわいくなっていました!すごくポップ!!

f:id:uaxblog:20181211231308j:plain

エントランス。シンプルなイラストがとてもいい!

f:id:uaxblog:20181211231445j:plain

有人窓口です。マイメロちゃんがどデカく描かれています。小田急のブルーも映えます。

コンコース編

f:id:uaxblog:20181211231712j:plain

天井の照明もプレートがはめられていてキャラクター達が描かれています。可愛い感じに描かれている感じ。

f:id:uaxblog:20181211232055j:plain

出口です。ここにもちゃーんとキャラクター達が描かれています。奥にはちゃっかりキティちゃんを用いた出口案内も。

f:id:uaxblog:20181211232425j:plain

f:id:uaxblog:20181211232515j:plain

f:id:uaxblog:20181211232823j:plain

f:id:uaxblog:20181211232641j:plain

エレベーターやエスカレーターにもラッピングされています!細かいところまで手が入れられていますね。

f:id:uaxblog:20181211233027j:plain

柱の番線表示もキティちゃんです!奥のエスカレーターの絵もまるで乗っているみたいで微笑ましいですね😊

ホーム編

f:id:uaxblog:20181211233305j:plain

f:id:uaxblog:20181211233832j:plain

駅名標です。ここにもちゃっかり描かれてますね!それにしても、まさかナンバリングもキティちゃんになるとは、、、笑

f:id:uaxblog:20181211233457j:plain

自販機も京王と同様にラッピングされました!こっちはポップな感じでいい感じ!

f:id:uaxblog:20181211233704j:plain

待合室です。電車を待つのも楽しくなりそう!

f:id:uaxblog:20181211234034j:plain

番線表示と発車標です。細かいところまでポップ!!😊

f:id:uaxblog:20181212005425j:plain

エレベーター案内もよ〜くみると・・・・

f:id:uaxblog:20181212005621j:plain

f:id:uaxblog:20181212005644j:plain

f:id:uaxblog:20181212005710j:plain

出口案内もなんとなく力がぬけてしまいそうです笑

階段編

f:id:uaxblog:20181212010054j:plain

f:id:uaxblog:20181212010124j:plain

f:id:uaxblog:20181212010148j:plain

階段にはたくさんキャラクターが!!

ピューロランドへは小田急・京王で!

以上、サンリオアートステーションについて紹介しましたが、これでもまだ一部分です。ぜひピューロランドや多摩センターにお越しの際は小田急でお越しください!

行きは小田急、帰りは京王っていうのもいいかもしれません。京王側もサンリオラッピングがなされていますので!

(参考)ピューロランドへのアクセス

電車で

京王線で:京王多摩センター駅下車

新宿から京王線準特急橋本行き利用 約30分

横浜からJR横浜線→橋本から京王線利用 約60分

小田急線で:小田急多摩センター駅下車

新宿から小田急快速急行・急行利用 約40分

新百合ヶ丘から小田急線利用 約12分

多摩都市モノレール線で:多摩センター駅下車

立川から多摩モノレール利用 約23分

車で

中央自動車道国立府中インターチェンジより約8キロ。

ピューロランド地下駐車場(80台、有料)の他、周辺に「多摩センター地区共同利用駐車場」や民間の駐車場もあります。

空港から(バスで)

羽田空港・成田空港から京王多摩センター駅直通バス 約75 - 145分

 

【無料】MOV(モブ)の0円タクシーに乗ってきた![クーポンも]

こんにちは!ハナヤです。

おまたせしました。今回は0円タクシーの話です。実ははもう3回も乗っているんですが詳細なレポートです。

スポンサーリンク

0円タクシーとはなんぞや

f:id:uaxblog:20181210135025p:plain

まず、0円タクシーとは何なの?ってことですが、文字の如く

”無料で乗車できるタクシー”のことです。お金払わなくても乗れるんですねぇ。運賃はもちろん、迎車代金、さらには首都高速代金も0円です。

f:id:uaxblog:20181210135117p:plain

今回、東京都区内で運行されている0円タクシーは日清の著名カップそばである”どん兵衛”がスポンサー(広告)として運行されています。

そう、だからタクシー運賃を払っているのはスポンサー(広告)主である日清さんなんですねぇ。これならなんとなく0円でも納得がいきます。

スポンサーリンク

f:id:uaxblog:20181210135311p:plain

また、0円といってもどこまでもいけるわけでなく、乗車地点が渋谷・新宿・港・中央・千代田区でないといけんかったり、降車場所が23区内でないといけんかったり、アプリ(MOV:モブ)経由で呼ばないといけなかったり(流しのタクシーでは乗れません。予約車表示で走っています)といろいろ条件があります。0円ですからね。

スポンサーリンク

早速乗ってきた

実はこのタクシーには既に3回は乗っています。このような類のことをまとめているブログですから、情報は事前にキャッチしていました。

スポンサーリンク

アプリから呼ぶ

まず、0円タクシーに乗るにはMOV(モブ)というアプリが必要になります。実はMOVは元タクベル。東京都での展開をスタートした12/5にタクベルからMOVに名称改正しました。アプリを入れていないヒトはまずはアプリを入れましょう。

iOS

MOV《モブ》- タクシー配車

MOV《モブ》- タクシー配車

  • DeNA Co., Ltd.
  • 旅行
  • 無料

 ▽Android

このアプリのUIは非常によくできているので初期設定の説明は省略します。はじめてのヒトでも簡単に操作できるはず。

ちなみに初回クーポンはtx13です。これで500円OFFになります。

f:id:uaxblog:20181210140126p:plain

アプリ設定を完了し、乗車位置を設定するとこの画面になります。

注0円タクシー目的で乗車する方は、会社選択を必ず『0円タクシーby日清のどん兵衛』にしましょう。おまかせにすると普通のタクシーがほぼ100%配車されます。

しかし、上の写真は、タクシーを呼ぶボタンがグレーアウトされて押せないですね。0円タクシーは今SNSで拡散されるくらい超人気なんで、乗るには運と粘りが必要になります。そう簡単には見つからないのです。

f:id:uaxblog:20181210140758p:plain

運良く配車が完了するとこのような配車中画面になります。これはJapanTaxiとかもこんな画面です。白色タクなんで荏原交通の車両ですね。

スポンサーリンク

0円タクシーがやってきた!

前から

f:id:uaxblog:20181210141410j:plain

f:id:uaxblog:20181210143150j:plain

待つこと5分。ついにタクシーがやってきました。荏原交通のセドリック・クラッシックSV。僕はタクシーに乗る機会が多いのですがセドリックは久々。

※二枚目は日中に乗車した日の丸交通のもの。

スポンサーリンク

横から

f:id:uaxblog:20181210141841j:plain

f:id:uaxblog:20181210143246j:plain

横から見てみます。ドア部分にラッピングがされています。最近よくあるラッピングの仕方ですね。車内シートもどうやら赤っぽい。後席ドアにはMOVのシールが貼り付けられたそうです。

※二枚目は日中に乗車した日の丸交通のもの。

行灯

f:id:uaxblog:20181210141511j:plain

行灯です。今までに見たことがないくらいでかいです。前からだとあんまインパクトないですが、横から見ると存在感がすごい。

スポンサーリンク

乗車しよう!

f:id:uaxblog:20181210143456j:plain

いよいよ乗車です。アプリに登録した自分の名前を名乗ってから乗ります。

例:アプリから呼んだハナヤトオルです!

やはり、シートはMOVどん兵衛仕様のラッピングがなされていました。赤い。

f:id:uaxblog:20181210143657j:plain

それにしてもまっかっかです。後席にはCMを流すメディアプレーヤーが設置されています。これで無限ループでどん兵衛のCMを流して洗脳させる仕組みです笑。

f:id:uaxblog:20181210143916j:plain

先述したように0円タクシーには、降車地が区内でないといけんという条件があります。画面に流れますので必ず確認しておきましょう。

スポンサーリンク

成城にむけて出発!

さあいよいよ出発です。さすがの僕も初めて乗ったときはこんな確認を運転手さんにしました。

『これって本当に無料なの?』

運転手さんは超笑顔で、『もちろんっすよ!運賃も迎車も高速もかかんないっすよ!』と言っていました。皆さん安心して下さい。ホントにタダで乗れます。

f:id:uaxblog:20181210144509j:plain

・・・ということで首都高経由でいくことに。めったに首都高をタクシーでのることはさすがの僕もないので久々の首都高経由での乗車。

やはり玉川通りもビュンビュン流れてるように見えるけど、自動車道路は信号がないのであっという間に用賀まで到達しました。

スポンサーリンク

f:id:uaxblog:20181210144834j:plain

なお、先述しましたが到着までCMがループで流れます。星野源吉岡里帆が好きな方はたまんないでしょうね。

成城に到着!支払いは不要!

約40分で目的地の成城の到着。料金は・・・

f:id:uaxblog:20181210145704j:plain

¥8,540!!(うち迎車¥410,首都高¥600)

ですか!もちろんお金は僕が払う必要はありません。

¥0です!

運転手さんに僕のブログの話をしたら『ぜひ写真とって使ってください!』とのことだったのでメーターの写真撮らせていただきました。

スポンサーリンク

0円タクシーの仕組み・豆知識

さてさて、本当に0円だったのですが、運転手さんから聞いた仕組みや豆知識をまとめておきます。

0円タクシーの仕組み

f:id:uaxblog:20181210154525j:plain

DeNAのプレスリリースで提供された図がこちら。簡単に言うと企業→DeNA→タクシー事業者の順でスポンサー費用が流れています。

運転手さんの日収は固定らしい

0円タクシーを受けもつ運転手さんの日収は決まっているらしくて、特にノルマとかはないようです。なので気持ち的には楽のようです。

たとえば、僕のように世田谷区といった乗車区域外だと戻んなければいけないそうですが、早く戻れ!的なことは司令室からは特に言われないので休憩したら戻るみたいな形をとっているそうです。

かなりインパクトが強いらしい

行灯がデカかったり、ラッピングが派手なので、”乗るヒト”以外にも”外から見てるヒト”にもインパクトを与えているらしいです。親子連れが指をさしてみていたり、若いOLや女子高生が写真を撮ってたりしてるのをよく見たと言っていました。

若いお客さんが多い

これは僕も驚きました。大学生や高校生といった若い方が多いみたいです。僕を乗せる前も女子高生を乗せたみたいです。

どうやらそうゆう人たちはインスタとかツイッターとかでシェアをしているらしいです。拡散的な意味では効果大ですよね。

また、このタクシーに乗るお客さんは大柄な態度をとったり値段に俗に言ううるさい客はいないそうです。その分気持ち的にも普段より楽みたいです。

やっとうちの会社にもアプリ配車がきた

ここはけっこう大きいようです。荏原さんも日の丸さんもこのことは言っていました。今までは電話配車しかなかったから期待していると皆さん口を揃えて言っていました。しかもMOVは全社ネット決済にも対応してますし、お客さんとの現金のやり取りも減るかもですね。

どん兵衛の宣伝だけどMOVアプリの宣伝でもある

これはSNSで拡散された情報や実際に乗って僕が感じたことです。ご存知の方ももしかしたら多いかもしれないですが、東京はJapanTaxiがすでに約8000台のタクシーを呼べるようになっています。これに対抗しないとユーザーは増えませんよね。今回のキャンペーンは、アプリの広告効果も非常に大きいと感じたところです。