【2019年夏最新版】JapanTaxi(ジャパンタクシー)アプリの使い方!クーポンの使い方も詳しく伝授!

◆クーポン500円コード:6EC141

説明なしでも登録できる方は、上コードを登録時に入力すると取得できます。

f:id:uaxblog:20181122152359p:plain

 

今回は、日本一のタクシー配車アプリ「JapanTaxi」アプリの使い方を紹介します。タクシーを呼んで乗車するまでの手順と注意点などをどこよりも詳しく伝授します!

↓広告クリックで応援お願いいたします!

JapanTaxiとはなに?

JapanTaxiは、アプリだけでタクシーを注文できるサービスで、日本一のタクシー会社、日本交通の関連会社である、JapanTaxiが提供しているサービスです。

2018年9月12日までは”全国タクシー”という名前のアプリでした。

f:id:uaxblog:20180812153255p:plain

2019年8月に800万DLを突破。日本で一番使われているタクシー配車アプリです。

使い方は簡単。名前電話番号等を予め登録し、タクシーを呼ぶ場所を指定するだけ。これだけですぐにタクシーを呼ぶことができ、さらに、行き先をお気に入りに登録すれば、よりスムーズに利用することも可能。アプリ内には利用履歴が残るので、同じ場所でタクシーを利用する場合にはとても便利。

また、クレジットカードなどの決済方法を事前に登録しておくことで降車時に現金やクレジットカードを出す時間が省け、時短になります。

また、このページでご紹介します、500円割引のクーポンを使うことができます

👍こんなときに便利!

・終電を逃してタクシー乗場には長列・・・すぐにタクシーに乗りたい!

・電話では乗る場所を伝えにくい!簡単に乗車地を指定したい!

・オペレーターとのやり取りはなんか嫌だ!

・降車時にスムーズにしたい! (ネット決済)

↓広告クリックで応援お願いします!

アプリを登録しよう!

それでは、アプリをインストールして、登録してみましょう。3分もあれば登録できます。

アプリをインストールする。

Android版 

iOS
JapanTaxi(旧:全国タクシー)

JapanTaxi(旧:全国タクシー)

  • JapanTaxi Co.,Ltd.
  • 旅行
  • 無料

まず最初に、上のリンクもしくは各アプリストアでJapanTaxiと検索し、アプリをインストールします。

インストールが完了したら、アプリを開き、新規アカウント登録をタップしましょう。

f:id:uaxblog:20180912160631p:plain

↓広告クリックで応援お願いします!

利用登録をしよう

アプリをインストールした後、利用規約に同意すると、”ご本人確認”の画面が出てきます。画面の空欄に携帯電話番号を入力し、次へをタップします。SMSで4桁の”認証コード”が送られてくるので、これを入力し次へをタップすると、初期設定である”アカウント情報”の入力画面が出てきます。

格安SIM等でSMSが利用できない場合はTextplus等の無料SMSも利用できます。

f:id:uaxblog:20180912160724p:plain

f:id:uaxblog:20180912160948j:plain

次に、アカウント情報を登録します。カタカナで名前・メールアドレス、パスワードを入力しましょう。

ここで、初回限定クーポンを入力します。この画面でしか取得出来ないので、必ず入力しましょう!

クーポンコード:6EC141

※2019年7月16日から付与額が500円になりました。

 f:id:uaxblog:20180912161209j:plain

入力出来たのを確認したらアカウント設定完了をタップ。

f:id:uaxblog:20180912161228p:plain

この次にクレジットカードを登録という画面が出るので、ネット決済の設定に進み(ネット決済でないとクーポンを利用できません)、クレジットカードのカード番号等を入力します。複数枚登録したい場合はカードごとに名前もつけられます。

▼なお、ネット決済では以下の支払に対応しています。

Apple Pay/Google Pay
・クレジットカード(VISA,MasterCard,JCB,AMEX,Diners)
デビットカード及びプリペイドカードは利用不可。クレジットカードをお持ちでない方・高還元率のカードを作りたい方はこちら
Yahoo!ウォレット

・d払い

↓広告クリックで応援お願いします!

さっそく使ってみよう!

登録が終わったら、さっそくタクシーを呼んでみましょう。起動すると以下画面になります。

f:id:uaxblog:20180912155034j:plain

 

場所を指定しよう

タクシーを呼ぶ場所は、地図上で細かく指定することが可能。現在地の画面が表示されたら地図を動かし、タクシーが停まりやすい場所を考慮した上で、自分がいるところまで”人のマーク”を移動させましょう。GPSの現在地情報を使えば、自分がいる場所をよりスムーズに指定できます。

f:id:uaxblog:20180912155156j:plain

指定できたら、画面上のここで乗るを押します。地図が拡大され、道路沿いに位置を調整するように表示されるので、微調節をしたらもう一度、ここで乗るをタップします。

f:id:uaxblog:20180912155320j:plain

次に降りる場所です。先程と同様の操作で降りる場所を指定していきます。

(なお、この操作はスキップすることも可能です)

↓広告クリックで応援お願いします!

タクシー会社を選ぶ

f:id:uaxblog:20180912155536j:plain

〜都内でも複数の会社が選択できる。ネット決済を利用する場合はネット決済可の会社を選択。〜

提携タクシー会社は毎月増えており、約1,000社という莫大なネットワーク網が張られています。タクシーを呼ぶ地域によっては、タクシー会社を選択できる場合があります。

迎車料金・予約料金・ネット決済の可否など、各社異なるので、比較して自分に合ったタクシー会社を選ぶのがよいでしょう。どの会社でもいい場合は一番上に出てくる会社を選択。または会社おまかせを選択すればOK。

(東京区内でのおすすめは日本交通。車両も4000台と非常に多くの台数を保有しており、最新のJPN TAXIも多数在籍。携帯電話の充電器もついていて無料で利用可。)

↓広告クリックで応援お願いします!

いよいよ注文!

タクシー会社の選択が終わるといよいよ注文できる段階。

各項目を解説します(皆さんの地域によって出る文字は異なります。)

f:id:uaxblog:20180912155719j:plain

日本交通:この部分を押すとタクシー会社の選択ができます。

車種おまかせ:この部分を押すと車種の選択ができます。(一部タクシー会社)

MasterCard:ネット決済の支払方法を選択できます。また、ネット決済を利用しない場合もここを押して選択します。

1000円OFF:この部分を押すとクーポンを利用できます。

迎車料金を確認する:迎車料金がいくらかかるか確認できます。

 

注文内容に問題がなければ、今すぐ呼ぶを押します。

f:id:uaxblog:20180912160310p:plain

タクシー検索が始まります。もし間違えた場合、3秒以内ならキャンセルができます。

約1分ほどで配車が完了します。

※非常に混雑しているときはこれ以上時間がかかったり配車できない場合もあります。

 

↓広告クリックで応援お願いします!

タクシーが来るのを待とう。

注文を完了したら、あとはタクシーを待つだけ。

ここで注意したいのは、タクシーの「車両番号」を確認すること。(一部タクシー会社では表示されない場合もあり) タクシーのナンバーではなく、タクシーの屋根やドアについている番号のことです。特に、東京・大阪・名古屋・福岡など、タクシーが沢山走っている地域では必ず確認するようにしましょう。

f:id:uaxblog:20180912160439p:plain

タクシーが向かっている様子は、マップ上でリアルタイムに表示されます。

※一部会社は非対応

到着しているはずのタクシーが見当ないときは、まわりにいるタクシーの番号をチェックしてみましょう。前面の表示灯には”迎車”や”予約車”と表示されているはず。

行き先を事前に設定しておけば、あとは乗るだけで目的地へと運んでくれるので、とても便利です。この手順で、タクシーの注文は完了です!

【補足】初回限定クーポンなどの使い方

f:id:uaxblog:20181122151848p:plain

※JapanTaxiキャンペーン頁より抜粋。

ありがちな質問

Q1:ネット決済の金額が即時反映されない

ネット決済の処理がその場で行なわれるのは、日本交通と帝都自動車交通などの後席に広告タブレットを搭載している会社のみです。(これらの会社は、支払メーターを押すと三点チャイムが鳴るか、ネット決済を実行しますというアナウンスが流れます。)

それ以外の地域は、翌日タクシー会社の営業所で処理しているので、それ以降に確認して下さい。 

Q2:デビットカードは使えるか

VISAやJCBデビットカードは、以前は使えましたが、今は使えません。LINE Payカードやau WALLETなどのプリペイドカードも同様です。ただし、プリペイドであるKyashカードはなぜか登録出来るようです。(Twitterの情報では)

Q3:キャリア決済(ドコモ払い・auかんたん決済など)は使えるか

前は使えましたが、今は残念ながら使えなくなりました。

どうやらあまり需要がなかったようです。ただしdocomoは(今流行りの)d払いの形で復活しました。

Q4:配車中画面で無線番号が表示されない

地方のタクシー会社だと無線番号が表示されない会社もあります。アプリと同じ行灯のタクシーを探しましょう。地域柄、そんなにタクシーは多く無いので見つけられるはずです。

Q5:LINEタクシーってなくなったの?

なくなりました。LINE TAXIは、見た目LINEぽいですが、JapanTaxiのシステムを使って運用されていました。そんなに需要がなかったのでは無いのでしょうか?

代わりに、今ではLINE Payを使うことができます(タブレット搭載車)

【2019年最新版】DiDi(ディディ)アプリの使い方!クーポンの使い方も詳しく伝授!

◆クーポン1,000円コード:JPGPGVJU

説明なしでも登録できる方は、上コードを登録時に入力すると取得できます。

f:id:uaxblog:20190710154124p:plain

今回は、今日本国内で急激に提携会社を拡大しているタクシー配車アプリ「DiDi」アプリの使い方を紹介します。タクシーを呼んで乗車するまでの手順と注意点などをどこよりも詳しく伝授します!

↓広告クリックで応援お願いいたします!

DiDiとはなに?

広瀬アリスをCMに起用し、力の入れっぷりが感じられる。

DiDiは、アプリだけでタクシーを注文できるサービスで、中国の滴滴出行という会社が開発しているサービスです。

日本ではソフトバンク合弁会社を設立し、運営されています。

どうやって使うの?

使い方は簡単。名前電話番号等を予め登録し、目的地を指定するだけ。これだけですぐにタクシーを呼ぶことができ、さらに、よく行く場所をお気に入りに登録すれば、よりスムーズに利用することも可能。アプリ内には利用履歴が残るので、同じ場所でタクシーを利用する場合にはとても便利。

また、クレジットカードなどの決済方法を事前に登録しておくことで降車時に現金やクレジットカードを出す時間が省け、時短になります。

さらにDiDiではPayPayを使うことも可能なんです!

また、このページでご紹介します、1,000円割引のクーポンを使うことができます

👍こんなときに便利!

・終電を逃してタクシー乗場には長列・・・すぐにタクシーに乗りたい!

・電話では乗る場所を伝えにくい!簡単に乗車地を指定したい!

・オペレーターとのやり取りはなんか嫌だ!

・降車時にスムーズにしたい! (ネット決済)

↓広告クリックで応援お願いします!

アプリを登録しよう!

それでは、アプリをインストールして、登録してみましょう。3分もあれば登録できます。

アプリをインストールする。

Android版 

play.google.com

iOS

apps.apple.com

まず最初に、上のリンクもしくは各アプリストアでDiDiと検索し、アプリをインストールします。

インストールが完了したら、アプリを開き、位置情報と通知の許可を行います。

f:id:uaxblog:20190710155234p:plain

↓広告クリックで応援お願いします!

利用登録をしよう

f:id:uaxblog:20190710155446p:plain

次に、アカウント情報を登録します。電話番号・名前・メールアドレス、パスワードを入力しましょう。約3分もあれば登録できます。

クーポンを貰う方法

ここで、皆さんが最も気になっていると思われる、クーポンの取得方法を説明します。

まず、アプリを開き、左上の=アイコンを押しメニューを開き、一番下にあるクーポンを押します。

f:id:uaxblog:20190710161849p:plain

すると、クーポンコードを入力できる画面になるので、<ここに入力>の欄に以下のクーポンコードを入力しましょう。

 

f:id:uaxblog:20190710162045p:plain

クーポンコード:JPGPGVJU

※入力すると1000円分クーポンが発行されます

 

なお、このクーポンはネット決済での乗車に限り利用できます。(DiDiは全タクシー会社ネット決済対応)クレジットカードなどを予め登録しておきましょう。

▼ネット決済は以下の支払に対応します。

・クレジットカード(VISA,MasterCard,JCB,AMEX,Diners)
デビットカードでも利用できます。クレジットカードを持っていない人はデビットカードを使いましょう。
・PayPay(DiDiアプリでのログインが必要。登録方法は別記事で。)

↓広告クリックで応援お願いします!

さっそく使ってみよう!

では、さっそくタクシーを呼んでみましょう。起動すると以下画面になります。

f:id:uaxblog:20190710162651p:plain

所持クーポンがある場合は上の写真のように表示されます。このページで取得できるクーポンの有効期限は1ヶ月です。有効期限が切れてしまう前に使いましょう。

目的地を指定しよう

画面上<どこへ行きますか?>を押し、目的地を指定しましょう。近くにある店の名前などを入力しておけばOK。

f:id:uaxblog:20190710162950p:plain

 

いよいよ注文!

これだけでもう注文の準備ができました。これなら老若男女使えますね。

f:id:uaxblog:20190710163349p:plain

クーポンは自動的に額面が大きいもの&有効期限が近いものが選択されます。

支払い方法を変えたいときは、上写真のVISAと書いてあるあたりをタップすると変更できます。

注文内容に問題がなければ、<確認をして次へ>をタップします。

f:id:uaxblog:20190710163717p:plain

最後に乗車地点を詳しく指定します。緑丸のところが運転手が見つけやすい位置ですのでできるだけ緑丸のところを指定しましょう。

f:id:uaxblog:20190710164034p:plain

 

タクシー検索が始まります。もし間違えた場合、配車が完了して1分以内ならキャンセルができます。

約2−3分ほどで配車が完了します。

※非常に混雑しているときはこれ以上時間がかかったり配車できない場合もあります。

 

↓広告クリックで応援お願いします!

タクシーが来るのを待とう。

注文を完了したら、あとはタクシーを待つだけ。

ここで注意したいのは、タクシーの「ナンバープレート」や「車両の色」を確認すること。特に、東京・大阪・名古屋・福岡など、タクシーが沢山走っている地域では必ず確認するようにしましょう。

!)タクシーが向かっている様子は、マップ上でリアルタイムに表示されます。

※一部会社は非対応

到着しているはずのタクシーが見当ないときは、まわりにいるタクシーのナンバープレート・車の色をチェックしてみましょう。前面の表示灯には”迎車”や”予約車”と表示されているはず。

この手順で、タクシーの注文は完了です!

 

 

【格安SIM】LINEモバイル(ソフトバンク回線)を徹底レビュー #1:安く契約編

f:id:uaxblog:20190306174123p:plain

今回、ソフトバンク回線のLINEモバイルを契約することにしました。今回は契約の方法を詳しく説明していきたいと思います。

契約に必要なもの

f:id:uaxblog:20190306173011p:plain

※LINE MOBILE HPより

契約には以上のものが必要です。なお、デビットカード(VISAやJCBデビット)は利用できないので注意。しかし、プリペイドVISAであるLINE Payカードは指定できます。

また、契約には発行手数料として¥3240・SIMの発行手数料が¥432かかります。しかし次項の裏ワザを使えば発行手数料を安く・さらには¥0にすることが可能です。 

契約時に安くする方法

さて、先程の発行手数料ですが、どのようにすれば安くできるか説明します。

①ハナヤに招待URLを聞く

f:id:uaxblog:20190131173007p:plain

LINEモバイルには、招待割引というものがあります。

招待URLから申込みをすることで、音声通話SIMの登録事務手数料が無料になります。

お友達でLINEモバイルを使っている人がいたら聞いてもいいですし、このブログの管理人であるハナヤに聞いてもOK。お問い合わせはTwitterのDMからどうぞ。基本的に24時間以内に返信します。

②エントリーパッケージを買う

f:id:uaxblog:20190131173330p:plain

ご覧のオンラインショップ、または家電量販店などの店舗でエントリーパッケージを購入することで、登録事務手数料が免除されるものです。つまり、エントリーパッケージの価格が登録事務手数料の代わりという事ですね。

定価が¥990ですが、大体、¥400~で買えます。ハナヤに聞くのがめんどい、音声通話SIM以外を申し込む人はエントリーパッケージの購入がおすすめです。

申し込みからSIM到着までどのくらいかかる?

申し込み後は約2・3日でSIMカードが到着します。発送スピードが早く、申し込みの翌日には発送されます。

実際に私が申し込んだときは、申し込み当日に発送され(ただし、申し込んだのは当日の深夜0時くらい)、翌日には到着しました。 

【2019年夏最新版】JapanTaxi(ジャパンタクシー)アプリの使い方!クーポンの使い方も詳しく伝授!

◆クーポン500円コード:6EC141

説明なしでも登録できる方は、上コードを登録時に入力すると取得できます。

f:id:uaxblog:20181122152359p:plain

 

今回は、日本一のタクシー配車アプリ「JapanTaxi」アプリの使い方を紹介します。タクシーを呼んで乗車するまでの手順と注意点などをどこよりも詳しく伝授します!

↓広告クリックで応援お願いいたします!

JapanTaxiとはなに?

JapanTaxiは、アプリだけでタクシーを注文できるサービスで、日本一のタクシー会社、日本交通の関連会社である、JapanTaxiが提供しているサービスです。

2018年9月12日までは”全国タクシー”という名前のアプリでした。

f:id:uaxblog:20180812153255p:plain

2019年8月に800万DLを突破。日本で一番使われているタクシー配車アプリです。

使い方は簡単。名前電話番号等を予め登録し、タクシーを呼ぶ場所を指定するだけ。これだけですぐにタクシーを呼ぶことができ、さらに、行き先をお気に入りに登録すれば、よりスムーズに利用することも可能。アプリ内には利用履歴が残るので、同じ場所でタクシーを利用する場合にはとても便利。

また、クレジットカードなどの決済方法を事前に登録しておくことで降車時に現金やクレジットカードを出す時間が省け、時短になります。

また、このページでご紹介します、500円割引のクーポンを使うことができます

👍こんなときに便利!

・終電を逃してタクシー乗場には長列・・・すぐにタクシーに乗りたい!

・電話では乗る場所を伝えにくい!簡単に乗車地を指定したい!

・オペレーターとのやり取りはなんか嫌だ!

・降車時にスムーズにしたい! (ネット決済)

↓広告クリックで応援お願いします!

アプリを登録しよう!

それでは、アプリをインストールして、登録してみましょう。3分もあれば登録できます。

アプリをインストールする。

Android版 

iOS
JapanTaxi(旧:全国タクシー)

JapanTaxi(旧:全国タクシー)

  • JapanTaxi Co.,Ltd.
  • 旅行
  • 無料

まず最初に、上のリンクもしくは各アプリストアでJapanTaxiと検索し、アプリをインストールします。

インストールが完了したら、アプリを開き、新規アカウント登録をタップしましょう。

f:id:uaxblog:20180912160631p:plain

↓広告クリックで応援お願いします!

利用登録をしよう

アプリをインストールした後、利用規約に同意すると、”ご本人確認”の画面が出てきます。画面の空欄に携帯電話番号を入力し、次へをタップします。SMSで4桁の”認証コード”が送られてくるので、これを入力し次へをタップすると、初期設定である”アカウント情報”の入力画面が出てきます。

格安SIM等でSMSが利用できない場合はTextplus等の無料SMSも利用できます。

f:id:uaxblog:20180912160724p:plain

f:id:uaxblog:20180912160948j:plain

次に、アカウント情報を登録します。カタカナで名前・メールアドレス、パスワードを入力しましょう。

ここで、初回限定クーポンを入力します。この画面でしか取得出来ないので、必ず入力しましょう!

クーポンコード:6EC141

※2019年7月16日から付与額が500円になりました。

 f:id:uaxblog:20180912161209j:plain

入力出来たのを確認したらアカウント設定完了をタップ。

f:id:uaxblog:20180912161228p:plain

この次にクレジットカードを登録という画面が出るので、ネット決済の設定に進み(ネット決済でないとクーポンを利用できません)、クレジットカードのカード番号等を入力します。複数枚登録したい場合はカードごとに名前もつけられます。

▼なお、ネット決済では以下の支払に対応しています。

Apple Pay/Google Pay
・クレジットカード(VISA,MasterCard,JCB,AMEX,Diners)
デビットカード及びプリペイドカードは利用不可。クレジットカードをお持ちでない方・高還元率のカードを作りたい方はこちら
Yahoo!ウォレット

・d払い

↓広告クリックで応援お願いします!

さっそく使ってみよう!

登録が終わったら、さっそくタクシーを呼んでみましょう。起動すると以下画面になります。

f:id:uaxblog:20180912155034j:plain

 

場所を指定しよう

タクシーを呼ぶ場所は、地図上で細かく指定することが可能。現在地の画面が表示されたら地図を動かし、タクシーが停まりやすい場所を考慮した上で、自分がいるところまで”人のマーク”を移動させましょう。GPSの現在地情報を使えば、自分がいる場所をよりスムーズに指定できます。

f:id:uaxblog:20180912155156j:plain

指定できたら、画面上のここで乗るを押します。地図が拡大され、道路沿いに位置を調整するように表示されるので、微調節をしたらもう一度、ここで乗るをタップします。

f:id:uaxblog:20180912155320j:plain

次に降りる場所です。先程と同様の操作で降りる場所を指定していきます。

(なお、この操作はスキップすることも可能です)

↓広告クリックで応援お願いします!

タクシー会社を選ぶ

f:id:uaxblog:20180912155536j:plain

〜都内でも複数の会社が選択できる。ネット決済を利用する場合はネット決済可の会社を選択。〜

提携タクシー会社は毎月増えており、約1,000社という莫大なネットワーク網が張られています。タクシーを呼ぶ地域によっては、タクシー会社を選択できる場合があります。

迎車料金・予約料金・ネット決済の可否など、各社異なるので、比較して自分に合ったタクシー会社を選ぶのがよいでしょう。どの会社でもいい場合は一番上に出てくる会社を選択。または会社おまかせを選択すればOK。

(東京区内でのおすすめは日本交通。車両も4000台と非常に多くの台数を保有しており、最新のJPN TAXIも多数在籍。携帯電話の充電器もついていて無料で利用可。)

↓広告クリックで応援お願いします!

いよいよ注文!

タクシー会社の選択が終わるといよいよ注文できる段階。

各項目を解説します(皆さんの地域によって出る文字は異なります。)

f:id:uaxblog:20180912155719j:plain

日本交通:この部分を押すとタクシー会社の選択ができます。

車種おまかせ:この部分を押すと車種の選択ができます。(一部タクシー会社)

MasterCard:ネット決済の支払方法を選択できます。また、ネット決済を利用しない場合もここを押して選択します。

1000円OFF:この部分を押すとクーポンを利用できます。

迎車料金を確認する:迎車料金がいくらかかるか確認できます。

 

注文内容に問題がなければ、今すぐ呼ぶを押します。

f:id:uaxblog:20180912160310p:plain

タクシー検索が始まります。もし間違えた場合、3秒以内ならキャンセルができます。

約1分ほどで配車が完了します。

※非常に混雑しているときはこれ以上時間がかかったり配車できない場合もあります。

 

↓広告クリックで応援お願いします!

タクシーが来るのを待とう。

注文を完了したら、あとはタクシーを待つだけ。

ここで注意したいのは、タクシーの「車両番号」を確認すること。(一部タクシー会社では表示されない場合もあり) タクシーのナンバーではなく、タクシーの屋根やドアについている番号のことです。特に、東京・大阪・名古屋・福岡など、タクシーが沢山走っている地域では必ず確認するようにしましょう。

f:id:uaxblog:20180912160439p:plain

タクシーが向かっている様子は、マップ上でリアルタイムに表示されます。

※一部会社は非対応

到着しているはずのタクシーが見当ないときは、まわりにいるタクシーの番号をチェックしてみましょう。前面の表示灯には”迎車”や”予約車”と表示されているはず。

行き先を事前に設定しておけば、あとは乗るだけで目的地へと運んでくれるので、とても便利です。この手順で、タクシーの注文は完了です!

【補足】初回限定クーポンなどの使い方

f:id:uaxblog:20181122151848p:plain

※JapanTaxiキャンペーン頁より抜粋。

ありがちな質問

Q1:ネット決済の金額が即時反映されない

ネット決済の処理がその場で行なわれるのは、日本交通と帝都自動車交通などの後席に広告タブレットを搭載している会社のみです。(これらの会社は、支払メーターを押すと三点チャイムが鳴るか、ネット決済を実行しますというアナウンスが流れます。)

それ以外の地域は、翌日タクシー会社の営業所で処理しているので、それ以降に確認して下さい。 

Q2:デビットカードは使えるか

VISAやJCBデビットカードは、以前は使えましたが、今は使えません。LINE Payカードやau WALLETなどのプリペイドカードも同様です。ただし、プリペイドであるKyashカードはなぜか登録出来るようです。(Twitterの情報では)

Q3:キャリア決済(ドコモ払い・auかんたん決済など)は使えるか

前は使えましたが、今は残念ながら使えなくなりました。

どうやらあまり需要がなかったようです。ただしdocomoは(今流行りの)d払いの形で復活しました。

Q4:配車中画面で無線番号が表示されない

地方のタクシー会社だと無線番号が表示されない会社もあります。アプリと同じ行灯のタクシーを探しましょう。地域柄、そんなにタクシーは多く無いので見つけられるはずです。

Q5:LINEタクシーってなくなったの?

なくなりました。LINE TAXIは、見た目LINEぽいですが、JapanTaxiのシステムを使って運用されていました。そんなに需要がなかったのでは無いのでしょうか?

代わりに、今ではLINE Payを使うことができます(タブレット搭載車)