【2020年最新版】流しのタクシーでもネット決済!”JapanTaxi Wallet”の使い方

f:id:uaxblog:20181203124957p:plain

皆さんこんにちは。多分ここ4.5年で500回以上JapanTaxiアプリを使ってきたハナヤです。

今回は日本一のタクシー配車アプリである、JapanTaxiの機能、

JapanTaxi Walletを紹介します。

まだアプリを入れていなければ”JapanTaxi”アプリを入れよう!

uaxblog.hateblo.jp

まずはアプリを入れないと始められません。アプリを入れましょう!

とりあえずまずはアプリから配車を試してみるのが吉。

クーポン2000円分も配布中です!

クーポンコード:7A44D5

どんなタクシーで使えるの?

そもそも、JapanTaxi Walletが使えるのはどこぞやと思うかもしれません。

リストにしました。2020年になり、多くの会社で使えるようになりました。

以下のリンクの、”対応エリア”で利用できるタクシー会社を確認できます。

JapanTaxi Walletを使えるタクシーには、以下2種類のいずれかのタブレットシステムが後席左側に搭載されています。

f:id:uaxblog:20181115154927p:plain

▲広告タブレット(QRコード決済に対応しています。)

f:id:uaxblog:20181115155526p:plain

▲決済機付き広告タブレット(QR決済以外に、icカードやクレジットカード決済にも対応しています。)

乗車時(空車)は時計が表示されており、実車になると広告が流れ始めます。

JapanTaxi Walletを使ってみよう!【実践】

それでは、ここからJapanTaxi Walletをどう使うかご紹介してゆきます。

①JapanTaxi Wallet対応タクシーを探す(流しのタクシー・駅のタクシーなど)

先述したタクシー会社で基本的に利用できます。もし不安なら以下を確認するといいでしょう。

①乗ったときにモニターの画面が以下のタイプのもの

f:id:uaxblog:20200122161136p:plain

最近は、後席に広告装置を取り付けるタクシー会社が多いです。JapanTaxiは空車時、このような画面表示(待機画面)がモニターにされています。これ以外の表示のものは違うものですので注意してください。

②直接運転手に乗る前に確認する。

不安なら直接確認すると良いでしょう。ドアが空いたタイミングで確認すると、メーターが入る前に確認できるので安心です。

②(乗車中)JapanTaxiアプリを開き、決済の手続きをする。

対応のタクシーに乗車出来ましたでしょうか?

JapanTaxi Walletは、乗車中に決済手続きが出来ますので予め済ませておきましょう。降車時は降りるだけでOKです。現金やクレジットカードのやり取りは一切不要。時短に繋がります。

①JapanTaxiアプリを開き、”JapanTaxi Wallet"をタップ。

f:id:uaxblog:20181115160024p:plain

メニューバーを開くとJapanTaxi Walletという項目があるのでタップします。

(ちなみにJapanTaxiで一定回数以上使うとゴールドユーザーになります)

②専用のコードリーダーが起動します。

f:id:uaxblog:20181115160304j:plain

このような画面になります。尚、カメラを使ってQRコードを読み取りますので、カメラの使用は許可しましょう。なお、JapanTaxi Walletでもクーポンを適用できます。

③タクシーに設置されているタブレットを操作しよう。

f:id:uaxblog:20200122162744p:plain

実車中は、上写真のようにCMがタブレットに流れています。このタブレットの下部分に”JapanTaxi Wallet"というボタンがあるのでそれを押します。

f:id:uaxblog:20181115155704p:plain

f:id:uaxblog:20181203122832p:plain

JapanTaxi HPより

そうすると、タブレットにはQRコードが表示されますので、これをスキャンします。

f:id:uaxblog:20181215004428j:plain

手続き完了画面が出れば、これで決済手続きは完了です。

④降車時は降りるだけでOK。

f:id:uaxblog:20200122163323p:plain
メーターの支払・合計ボタンが押されると以上の画面が表示され、決済済みの旨が表示されます。降車時はそのまま降りるだけです。(領収書はWEBから発行できます)

【番外編】後席タブレットで使えるQRコード決済

タクシーのセルフレジ型マルチ端末『決済機付きタブレット』が2万台稼働!2020年2月からは東北初となる仙台で稼働開始、来春には帝都自動車交通・日本交通の都内全台に搭載予定

JapanTaxiHPより

JapanTaxi Wallet以外にも以下のQRコード決済が利用可能。尚、これらの手続きは、今まで通りに降車時に行います(もちろんJapanTaxi Walletも降車時に支払い手続きをすることが可能です。)

メルペイ

フリマアプリでおなじみのメルカリが提供しているQR決済サービスです。特にフリマ売買をしない人でもOK。

d払い

NTTドコモが提供するQR決済サービスです。ドコモを契約していない人も利用することが可能です。ちなみに、d払いはJapanTaxiアプリでd払いを設定することも、d払いアプリでJapanTaxiミニアプリを利用することも可能です。

au PAY

KDDIが提供するQR決済サービスです。auを契約していない人も利用することが可能です。

LINE Pay

日本ではおなじみのコミュニケーション・ツールのLINEが提供するQR決済サービスです。LINEアプリだけで始めることができます。

TOYOTA Wallet

車のトヨタがやっているサービスです。トヨタはTS3カードといったクレジットカードあるようにこういうサービスにも積極的なようです。

Origami Pay(サービス終了)

マイナーな部類ですが、実はJapanTaxi Wallet登場当時から使えたQR決済サービスです。2020年に事実上の経営破綻によりサービスが終了しました。

Alipay・Wechat Pay

中國人向けのQR決済サービスです。(日本人は原則利用できない。)

【最新版】タクシー・ハイヤー配車アプリ”Uber”の使い方!クーポンで無料!

 ◆クーポン2,000円コード→vr9cy7

説明なしでも登録できる方は、上コードを登録時に入力すると取得できます。

f:id:uaxblog:20191225143148p:plain

今回は、アメリカの会社が運営しているタクシー・ハイヤー配車アプリUberアプリの使い方を紹介します。

タクシー・ハイヤーを呼んで乗車するまでの手順と注意点などをどこよりも詳しく伝授します!

※当サイト人気記事-JapanTaxiアプリの使い方。クーポン2000円配布中。

uaxblog.hateblo.jp

Uberとはなに?

Uberは、アプリだけでタクシーやハイヤーを注文できるサービスで、最近、都心部でよくキャンペーンをやっているUber Eatsと同じ会社が運営する配車アプリです。

よく海外旅行に行くという人はすでに知っているかもしれませんね。Uberは、海外では頻繁に使われている配車アプリです。

日本では、東京区内はハイヤー、名古屋や大阪などの都市部ではタクシーを呼ぶことができます。(ハイヤーとは黒塗りの社長などの送迎車に使われるような高級車です。)

前述の通り、東京でのサービスに使われている車両はハイヤーの専用車両なので、乗り心地はもちろん、クラウン・レクサスなどの高級車両が迎えに来ます!、”ブルジョワ気分”も味わえるため、デートでのエスコートにもお勧めです。

どうやって使うの?

使い方は簡単。名前電話番号等を予め登録し、目的地を指定するだけ。

これだけですぐにタクシーやハイヤーを呼ぶことができ、さらに、よく行く場所をお気に入りに登録すれば、よりスムーズに利用することも可能。アプリ内には利用履歴が残るので、同じ場所でタクシーを利用する場合にはとても便利。

また、Uberはクレジットカードの登録が必須です。登録しておくことで降車時に現金やクレジットカードを出す時間が省け、時短になります。(さらに、UberではVISAデビットやJCBデビットなどのデビットカードも使えます。)

また、このページでご紹介します、2,000円割引のクーポンを使うことができます

👍こんなときに便利!

・終電を逃してタクシー乗場には長列・・・すぐにタクシーに乗りたい!

・電話では乗る場所を伝えにくい!簡単に乗車地を指定したい!

・オペレーターとのやり取りはなんか嫌だ!

・降車時にスムーズにしたい! (ネット決済)

アプリを登録しよう!

それでは、アプリをインストールして、実際に登録してみましょう。

 

Uber
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

まず最初に、上のリンクからアプリをインストールします。インストール完了したら、アプリを開き、電話番号を登録し手順に沿って登録を進めましょう。登録の手順は電話番号でできるため、非常に簡単です。手順に沿って画面通り進めれば問題なく登録できます。(Facebookgoogleアカウントでの登録も可能です)

途中で、初回限定プロモコードを入力します。必ず入力しましょう!

プロモコード:vr9cy7

さっそく使ってみよう!

登録が終わったら、さっそくハイヤーを呼んでみましょう。アプリの画面に行き先は?と表示されますので目的地を入力します

(JapanTaxiなどの他アプリ同様にダンゴムシのように位置が表示されます。なおUberは地図をズームさせると車もでかくなります笑)

f:id:uaxblog:20191225144643p:plain

①場所を指定しよう

f:id:uaxblog:20191225145000p:plain

ハイヤー・タクシーを降りる場所は、検索・地図上で指定します。(行き先を指定しないで呼ぶことはできません。)また、出発地は現在地情報が自動的に反映されます。

なお、過去に呼んだ目的地の履歴の上記のように表示されるので、活用しましょう。

いよいよ注文!【画面:上…東京の場合 下…名古屋の場合】

f:id:uaxblog:20191225145134p:plain

f:id:uaxblog:20191225145505p:plain

難しい操作はほとんどなく、あっという間に注文です。下写真の黒い■の中におおよその到着までの時間が表示されます。

東京では2つのプランが選べます。”ハイヤーは全てのハイヤー車両、”ブラックVAN指定”トヨタアルファードなどのハイグレードVAN車両が配車できます。大人数・大荷物のときはVAN指定にすることをおすすめします。

また、友人に聞いた話ですが、名古屋では”バリュータクシー””タクシー”を呼ぶことができるそうです。”バリュータクシー”は事前に運賃が決まる車で、通常のタクシー運賃より多少安くなるらしい。

注文内容に問題がなければ、ハイヤーまたはタクシーを確認を押します。

あ、ちなみにクーポンは自動適応のため操作は必要ありません。

f:id:uaxblog:20180115234342p:plain

ドライバー検索が始まります。ドライバーとマッチングしたら指定場所までの配車がスタートします。

車位置はアプリ上でリアルタイムで確認できるので随時確認しましょう!

また、運転手さんにチャットを自由に送ることができるので、「◎◎の近くにいます」とか「トイレに行ってるので待っててください」などの一言を送っとけば、スムーズにやり取りできるので活用してください。

なお、自分の配車車両を見分けるときは、ナンバー(アプリに表示されます)・ドライバーの顔写真などの方法で確認しましょう。

日本で使える地域

令和元年12月現在、以下の地域で利用できます。

  • 東京都・神奈川県・成田空港(ハイヤー
  • 名古屋(タクシー)
  • 京都(タクシー・ハイヤー
  • 大阪(タクシー)
  • 神戸(タクシー)
  • 仙台(タクシー)
  • 福岡(タクシー)
  • 福島(タクシー)
  • 広島県広島市福山市(タクシー)
  • 淡路島(タクシー)
  • 北海道中頓別(ライドシェア)
  • 京都府京丹後市(ライドシェア)

↑ライドシェア2地域は、あまりに公共交通機関がないため始められたもののようです。

(おまけ)Uberはもちろん海外でも使えます!

f:id:uaxblog:20191225150436p:plain

f:id:uaxblog:20191225151327p:plain

〜台湾の例。UberXが一般的な車両、UberBlackは高級車になる。(国・地域によっては他の車種も表示される。ハワイには軍隊というなんじゃこれみたいな車種も存在。)

最初にご説明しましたが、Uberは世界中で使われてるアプリ。

…ということは勿論、海外旅行に行った際も活用できます。

海外では、ライドシェアという、一般の方が運転してる車両のため、普通のタクシーよりも安く乗ることができます。また、相互評価なので運転手も評価が下がらないようにしっかりしている方が多く、安全です。

僕はまた海外で使ったことがないので、ぜひ使った際はTwitterで感想を教えてくださると嬉しいです!

他のアプリでもタクっちゃう?

MOSHIIMO CREATIONではUber以外にも以下のアプリを紹介中!

もちろん、クーポンもありますので、まずは無料で色々使ってみて、自分にあったアプリを使う感じも良いですね。

MOV(モブ)

¥2,500分のクーポンがもらえます!

Japantaxi(ジャパンタクシー

当サイト限定!¥2500分のクーポンがもらえます!(他サイトは¥500)

DiDi(ディディ)

¥1,000分のクーポンがもらえます!