【光回線】J:COMからSo-net光にした話 #3 まさかの展開!(v6プラスとPPPoEの比較)

f:id:uaxblog:20181014203554j:plain

前回に引き続き、光回線の話題です。今回は、v6プラスとPPPoEでの速度を比較します。

▽広告クリックで応援

▽広告クリックで応援

測定環境の御紹介

まずは、測定環境を紹介します。

測定機器:Macbook Air 13inch 2015年モデル

接続方法:有線LAN(USB3のアダプタ、Giga対応を利用)ケーブルはCat6。

ルーター:WN-AX1167GR2/E(因みに末尾にEが付くモデルはEC専用パッケージらしい。)に有線で接続。(Giga対応)

▽広告クリックで応援

v6プラスでの測定結果

A:日中時間帯

So-netの測定サイト(Radishベース) と fast.com

下り:約500Mbps 上り:約400Mbps

●Speedtest.net

下り:約120Mbps 上り:約150Mbps

遅いことは無いですが、OOKLAのスコアが全然優れません。もしかして変換過程がIPoEだと入るからそれで遅くなるのでしょうか。

B:夜間時間帯

So-netの測定サイト(Radishベース) と fast.com

下り:約400Mbps 上り:約300Mbps

●Speedtest.net

下り:約100Mbps 上り:約100Mbps

混雑する夜間時間帯でもそこまで遅くなることはありません。

▽広告クリックで応援

PPPoEでの測定結果

A:日中時間帯

So-netの測定サイト(Radishベース) と fast.com

下り:約850Mbps 上り:約600Mbps

●Speedtest.net

下り:約500Mbps 上り:約450Mbps

B:夜間時間帯

So-netの測定サイト(Radishベース) と fast.com

下り:約500Mbps 上り:約250Mbps

●Speedtest.net

下り:約250Mbps 上り:約300Mbps

あれれ、混雑する夜間時間帯でもそこまで遅くなることはありません。というかむしろv6プラスより速いです。

▽広告クリックで応援

まさかのPPPoE接続の方が速かった

実は、IPoEより、PPPoEの方が速い結果に。どうやらうちの地域、あんまり回線が混雑しないようで。笑

結局IPoEというのは、結局IPv6<>IPv4の変換過程が入るようで、場合によってはIPoEのほうが遅くなる(遅いように見える)ことがあるようです。

結局IPoE接続ではなく、従来のPPPoE接続で使っています。

ネットが遅すぎて使い物にならないときはv6プラスを検討しよう!

結局ルーターまで買い替えたのですが、うちの地域はそれほど遅くないらしく、v6プラスにするとむしろ遅くなりました。(まぁ上記のスピードなら別に僕の環境なら気になる程の差ではないですが。)

結論として、従来のPPPoE接続で、10数Mbpsしか出ないという方はv6プラス、IPoE接続を検討されたほうが良いと思います。もし、ネットが遅くて使い物にならない場合は検討されても良いと思います。逆にPPPoEでも全然速い場合はわざわざv6プラスにする必要性はないかと思います。