【京王線】2018年登場の京王ライナーのレビュー

f:id:uaxblog:20181112131030j:plain

京王電鉄が2018年2月22日より新たに運行開始した座席指定列車に”京王ライナー”というものがあるのはご存知でしょうか。

僕も一応沿線民なので存在は前から知っていますが、今回乗ってみることにしました。

京王ライナーのレビューです。

”京王ライナー”とは

f:id:uaxblog:20181112124420p:plain

京王電鉄では初の”座席指定列車”、つまり運賃以外に別に料金がいる電車で、長距離区間の利用者の着席ニーズに対応し、勤務先・外出先からの帰宅時に便利な列車として、平日・土休日の夜間に新宿駅京王八王子駅行及び橋本駅行として運行される。

つまり、高尾山方面の観光目的ではなく、夜間の着席を目的としてできた電車です。

また、この電車は小田急電鉄ロマンスカー東武鉄道スペーシアといった電車とは異なり、車両も通勤車両です。(これについては後述)

運行形態

先述したように、夜間のみの運行なので、平日は20時、土休日は17時から京王八王子行と橋本行がそれぞれ1時間に1本ずつ、計10本運行されます。

停車駅(|まで料金は必要)

京王線京王八王子方面

新宿駅府中駅|→分倍河原駅→聖蹟桜ヶ丘駅高幡不動駅北野駅京王八王子駅

京王相模原線・橋本方面

新宿駅京王永山駅|→京王多摩センター駅→南大沢駅橋本駅

府中駅京王永山駅以降の停車駅は特急・準特急と同じになり、以降は座席指定料金は不要になります。この他に信号関係上、明大前駅運転停車します。

料金

一律¥400(車内料金は¥700)

f:id:uaxblog:20181112124450p:plain

駅券売機で買えるほか、インターネットのチケットレスサービスでも購入できます。後者は座席を選べるので便利。

乗ってみた

さて、いよいよ乗車です。橋本駅で用があるので、今回は新宿駅から終点の橋本駅まで乗ります。

f:id:uaxblog:20181112124555j:plain

車内です。土曜日に乗りましたが、乗車率は5割ほど。ほとんどの席でとなりの席は空いている状態でした。(平日だと十分需要はあるかも)

通勤車両ベースなので、ドアは4つありますが、新宿駅では一部のドアしか開きません。また座席も、京王ライナーとして運行されるときは進行方向を向きます。

照明はすべて暖色系になっています。(LEDなので調光が効きます。日中運行されるときは白色のLEDになります)

もちろん通勤車両なので手すりも、壁面広告もあり、デッキはありません。

f:id:uaxblog:20181112125107j:plain

一応、窓にはドリンク程度のものが置けます。(ロングシート部分、ドア前席は例外)また、最近の通勤車両では珍しく、カーテンまでついています。しかもフリーストップタイプ。

f:id:uaxblog:20181112125314j:plain

座席です。固定式の肘掛けが備わっています。椅子はかため、テーブルはなく、リクライニングはしません

f:id:uaxblog:20181112125718j:plain

上部です。座席番号が振られています。荷棚は通勤車両にみられる一般的なタイプ。

ここまで何回も言っていますが、通勤車両ベースなので、小田急ロマンスカーのように防音性にはあまり優れていません。新宿から笹塚まで地下区間を走行しますが、自動放送が聞こえないくらい外の走行音が響きます。うるさい笑

f:id:uaxblog:20181112130445j:plain

足元です。隙間が空いていないので足はそれほど伸ばせません。また、コンセントがついているので、スマートフォンやパソコンの充電をすることも可能。

f:id:uaxblog:20181112130655j:plain

車内にはWi-Fiが装備されています。京王線おなじみのWi2のものと、独自のものがあります。(KEIO_TRAIN_FREE_WIFI)後者は、だれでも使えます。

パソコンを使う場合は、テーブルがないので、膝の上ののせて使うような形になります。

全体的な感想

f:id:uaxblog:20181112131001j:plain

終点橋本駅に到着しました。全体的な感想をまとめると、

  • やはり帰宅ラッシュから逃れられるので楽
  • 400円は距離にしては少し高いか?300円くらいがちょうどいいかも。
  • 地下区間走るときうるさい
  • Wi-Fiとコンセントがあるのは強い

こんなところでしょうか、激混みで恐れられる京王線の帰宅ラッシュを避けられのはからり大きいと思います。快適に、ゆったり帰りたいとき・ごほうび代わりに是非京王ライナーをどうぞ。