JapanTaxiアプリを日本中で使ってみてわかったメリット・デメリット

ã«ãã¼ã¢ã¼ã

もうすぐ秋になろうというのにまだまだ暑いですね。

今回は、JapanTaxiアプリを、日本中で使ってみてわかった

メリット・デメリットをまとめてみたいと思います。

僕が今までに使ったタクシー会社

JapanTaxiアプリを使い始めて間もなく2年になる僕ですが、今までに以下の都市・タクシー会社を全国タクシー経由で使いました。尚、以下に挙げるタクシー会社はすべてネット決済可能です。

北海道

該当なし(今夏行こうとしたが航空機料金高騰のため挫折。しかし、札幌市内はほとんどのタクシー会社でネット決済も利用でき、台数もあるため活用できるかと思います)

東北

[宮城県仙台市] 仙台タクシーグループ・仙無協

関東甲信越

[東京都23区] 日本交通

[東京多摩地域] 日本交通立川・飛鳥交通・キャピタル交通・三和交通

[神奈川県横浜市] 日本交通横浜三和交通飛鳥交通・横浜無線タクシー

[神奈川県小田原市] 日本交通横浜(小田原営業所)

[埼玉県さいたま市] 日本交通埼玉・飛鳥交通

[群馬県高崎市] 高崎駅構内自動車

[新潟県新潟市] 富士タクシー

[長野県長野市] 長野観光自動車

東海

[静岡県沼津市] 富士急静岡タクシー

[愛知県名古屋市] 名鉄タクシー・近鉄タクシー・宝タクシー

北陸

[石川県金沢市] 石川近鉄タクシー

[富山県富山市] 富山交通

関西

[京都府京都市] 東京日本交通(日本交通系)・都タクシー

[兵庫県神戸市] 国際興業

中国

[岡山県岡山市] 両備タクシー

[島根県松江市] 一畑タクシー

[島根県出雲市] 出雲一畑交通

四国

該当なし(こちらも今夏行こうとしたがルート設計が難しいので挫折。ネット決済対応地域も少ない。)

九州・沖縄

[福岡県福岡市] 福工無線 ※博多市は存在しませんよ

 

こう見ると日本中を飛び回ってるんだな〜と実感するもんです。

さてでは、メリット・デメリットをお話しましょう。

JapanTaxiのメリット

①やはりどこに行ってもキャッシュレスでタクシーに乗れるのは嬉しい

f:id:uaxblog:20180501145036j:plain

全国タクシーアプリの一番の強さであると考えます。このアプリを使い始めてから目的地に到着してから降車するまでの時間を1分ほど短縮することができています。1分でも結構でかいので(例えば、タクシーから降りてから電車に乗るとき等)ありがたいです。

場所指定が容易

f:id:uaxblog:20171030144124p:plain

全国タクシーでは地図上で乗車場所を指定できるので、楽です。例えば、目印になるような建物がない場合でも容易に位置を指定できます。

③タクシーの位置情報・無線番号がわかる(約8割のタクシー会社)

f:id:uaxblog:20171030150734p:plain

ほとんどのタクシー会社で位置情報とタクシー無線番号を確認できます。このためあと何分くらいでくるか・ホコ天で道路を通行できず、周辺で待機している、などがわかります。電話注文では絶対にわからない、スマートフォンのアプリならではの強みです。

他人の送り迎えにつかえる 

お金を渡したりする必要もないので便利。

僕も送り迎えによく友人にタクシーを出すことがあります。決済は僕のカードに届くので相手はお金を出す必要はない!すばらしい!

デートの送りで出したりしたら結構できる人みたいに見えるかもね。

JapanTaxiのデメリット

①郊外地域は対応してるけど未熟

全国飛び回って感じたことです。そもそも郊外だと注文すら入らないことがあります。

おそらくですが、

”車両台数が少ない”

”配車室・ドライバーが扱いに慣れていない(そもそもアプリからほとんど注文が来ない)”

”タクシーが駅周辺にしかいない”

これらが原因だと思います。でも仕方ないのかなぁ〜 郊外は車社会ですしね〜。

f:id:uaxblog:20180830183751j:plain

〜今夏、帰省したときに利用したが(僕はグンマー出身)、番号・位置情報ともに表示されなかった。〜

また、郊外のタクシー会社ではリアルタイムの位置情報はおろか、車両番号すら表示されない会社もあります。いつ・どのタクシーが来ているかわからないのでマジで迷います。

予約できない[都心・郊外]

f:id:uaxblog:20180830184833p:plain f:id:uaxblog:20180830185228p:plain

〜この記事を書いている翌日も乗る予定だったが、予約は入らなかった。当日チャレンジします。〜 

僕がこのアプリで一番不満なことがこちら笑。

”入らない”という言い方のほうがいいでしょうか。これは、どの地域でも共通です。ホントに入らないです。東京区内でも入らないです。

Twitterでも『優先予約とかボッタクリや〜💢』みたいなツイートをよく見かけますね。

(僕だったら、プラス980円なら他の手段を考えます)

日本交通の運転手さんが今日言っていましたが、全然予約できないから運転手さんに直接●●時に来てくれないかと言われることがあるみたいです。

もうちょっと電話予約みたいに柔軟に対応できればいいんですけどね〜

まとめ

都心はほぼほぼつかえる。

郊外はまだまだ(仕方がない)。

全国タクシーのアプリがリリースされて、今年で7年目なのですが、東京や名古屋といった大都心ではかなり成熟してきています。一方郊外は注文数が少なかったり、そもそも導入が最近だったりと未熟です。今後改善されるといいですね。まずは使う人が増えないと。

僕はJapanTaxiさんのように新しい考え方をする企業は大好きなので、今後も応援したいです。めざせ1億ダウンロード!!!

アプリを入れてみませんか?

タクシーを使う方も、そうでない方も一度入れてみてはいかがでしょうか?

当ブログでご紹介しています、1000円クーポンを利用すれば、タクシーをほとんど使わない方もホボタダでタクシーに乗ることができますよ。最近の都心地域はちょい乗りの意識した初乗り料金に改訂してますので、ぜひちょい乗り、お試しあれ。