【光回線】実家の光回線がクソすぎたから改善策を考えてみた

2018年8月。高校野球がテレビでやってたり、お盆がそろそろやってきたりと夏真っ盛りですね。

僕も上京して大学生になったので、今の季節は帰省をしています。そこで問題が見つかりました。

インターネット(光回線なのに)遅すぎ問題

です。

回線スペック

回線スペックはこんな感じ。

回線種別:光回線(上下1Gbps)

回線事業者:KDDIau ひかり)

プロバイダ:au one netau系)

Wi-Fiルーター:HGW内蔵のもの(ac帯には非対応)

スピードテストに使う端末:Macbook Airくん(13インチ)

全然悪くないし、僕が1人暮らしで使っているJ:COMの回線より倍以上も速度も早いです。しかし実際にスピードテストをしてみると・・・

下り:約40Mbps 上り:約30Mbps

あれぇぇぇ?これ光回線だよな???CATV回線よりも遅えじゃねえかよ!!

解決案を考えてみる

その1:ONUやHGW全部再起動をかける(コンセントを抜く)

f:id:uaxblog:20180812162947p:plain

auひかりの場合上記の2つの機械が必要になります。

ONU光回線終端装置と呼ばれ(Optical Network Unit)、光通信ネットワークの終端に設置され、光信号・電気信号間の変換と光信号の多重・分離をするデータ回線終端装置のこと。要は、光回線は光で通信してるからそれを変換する装置のことです。

HGWはホームゲートウェイといい、光電話に対応したルーターのことをいいます。

これらの電源を引っこ抜いて、2分位置いてからつけ直しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結果:倍以上早くなった。

下り:約120Mbps 上り:約120Mbps

結果、倍以上早くなりました。かし僕はまだ満足はいきません。本来光回線から1Gbps、つまり1000Mbpsのスピードが出るはずですから。

その2:ルーターをac帯対応のものに変える

 

f:id:uaxblog:20180812163826p:plain

auひかりについてくるホームゲートウェイはac帯には対応していません(もしかしたら今新規で申込めば対応してるかも知れないが)。このため新しくac帯に対応しているNEC AtermのWG-1200HSを買ってきてつなげてみました。

このWG1200HSのモデルは中継機能がついていない代わりにac帯のルーターが手軽に手に入るのでおすすめです。(約3000円くらい。現在は型落ちになってるので一部家電量販店にしか置いていないかも)ちなみに、例のJ:COM NET君につなげているのもこのルーターです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

結果:さらに倍以上早くなった。

下り:約450Mbps 上り:約400Mbps

結果、さらに倍以上早くなりました。やっと満足のできる速度にまで回復しました。

おまけ:有線LANならどうだ

有線LAN環境も最初はクソオソでしたが、その1の改善をしてみたら、

下り:約600Mbps 上り:約500Mbps

 にまで回復しました。やっぱ光回線って速いですね。

まぁ、普通に使う分には下り100Mbpsもあればお腹いっぱいなんですけどね。

uaxblog.hateblo.jp