そして今日が来る

今日を生きるあなたへ贈るお役立ちブログ

【最新版】おすめめのモバイルバッテリー!(コスパ・持ち運びやすさ・耐久性)

スマホタブレット、最近ではICOSやグローなどの加熱式タバコなどの予備電源として利用できるモバイルバッテリー。便利だから1台は持っておきたいけどAmazonなどのネットショッピングを見ると膨大な数が出てきてどれがいいのかわからない・・・

そんなあなたのために、いままでAmazonで10台以上モバイルバッテリーを買った僕が確実におすすめできるものを紹介します!

モバイルバッテリーの選びのポイントは?

①蓄電できるバッテリー容量(XXXX mAh)

一番重要なのは、どれだけの充電が行えるのかを示すバッテリー容量です。”mAh”というの値で示され、これが大きいほど容量の大きなバッテリーになります。

またバッテリーは電池や他のバッテリーのように、繰り返し使うことでバッテリーは少しずつ劣化していき、容量は少しずつ減少する点も考えましょう。(最近は値段が安いので劣化したら買い替えも全然アリです。)

様々な容量のモバイルバッテリーが発売されていますが、10000mAh程度のものを選ぶのをおすすめします。最近のものは10000mAhでも、価格もやすく、軽いものがおおいです。

②重さ

持ち運びを考えると、重さも大切なポイントになります。例えば、容量10,000mAhの製品でも、重量は180g~300g程度の幅があるので、購入する前には重さも✓しましょう。

③端子(ポート)の数

1つしかポートがついていないのもあれば、4つもポートがついているものもありますが、2つ以上がおすすめ。

④高速充電の有無

最近のスマートフォンはほとんどの製品で高速充電ができるものが多いです。

どのメーカーのがいいのか

AnkerかCheeroを買うのをおすすめします。

この2社はAmazonランキングでも常に上位で、売上もかなりいいです。

言ってしまえばモバイルバッテリーの2大メーカーです。

国産家電メーカーも一応出してはいますが、あくまでも一応出している程度です。

モバイルバッテリーなどのガジェット製品ではこの2社が強いです。

因みに、Cheeroは日本のメーカーです。もともと中小企業の会社でしたが、今ではモバイルバッテリー界の王となりました。

おすすめのモバイルバッテリーリスト

先程あげた2大メーカーの中から、おすすめの商品をご紹介します。

①Cheero Power Plus 3 10050mAh

   

【電池容量】10050mAh 

【入力】 DC 5V / 2.0A MAX MicroUSB

【出力】 DC 5V / 2.4A MAX (AUTO-IC機能付き)

【端子数】 2ポート

【寸法(本体)】 約 92 × 62 × 23 mm 【重量(本体)】 約 192g

現在、管理人も使っているモバイルバッテリーです。カラバリは白と黒とピンクがあります。お求めやすい価格でかつ高品質でコスパがよいです。まよったらこれ。

 ②Anker PowerCore 10000mAh

  

【電池容量】10000mAh 

【入力】 DC 5V / 2.0A MAX MicroUSB

【出力】 DC 5V / 2.4A MAX (AUTO-IC機能付き)

【端子数】 2ポート

【寸法(本体)】 約 92 × 60 × 22 mm 【重量(本体)】 約 180g

クレジットカードの大きさとほとんど同じのとても小さなモバイルバッテリーです。小さいですが、10000mAhの容量があります。この商品はポートが1つだけですので注意してください。

③cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD

      

【電池容量】10050mAh 

【入力】 DC 5V / 2.0A MAX MicroUSB

【出力】 DC 5V / 3.4A MAX (AUTO-IC機能付き)

【端子数】 2ポート

【寸法(本体)】 約 95 × 62 × 22 mm 【重量(本体)】 約 192g

漫画よつばと!のキャラのダンボーの顔をしたモバイルバッテリーです。日本のアニメとコラボできるのも日本企業ならではという感じがします。7バリエーションあります。

自分にあったバッテリーを探そう

以上おすすめのバッテリーを紹介しました。まよったら以上のものを買えばはずれはないはずです。もうすぐ夏が来ます。お出かけ等も増えるはずです。快適なスマートフォンライフを!