そして今日が来る

今日を生きるあなたへ贈るお役立ちブログ

【ミスチル】Mr.Childrenがサブスク解禁したけどサブスクって何?

Mr.Childrenの1stシングル「君がいた夏」から最新アルバムまで計58作のダウンロード&サブスクリプション配信が10日より遂に開始しました。音楽配信サービスのiTunesSpotifyなどの定額サービスでも配信されました。

今回はサブスク(サブスクリプション配信)とは何ぞやというテーマで解説します。

初の交通ネタ以外の記事になります。

サブスク(サブスクリプション配信)とは何か?

IT用語辞典から引用します。

サブスクリプションサービスとは、提供する商品やサービスの数ではなく、利用期間に対して対価を支払う方式のことである。多くの場合「定額制」と同じ意味で用いられている。

サブスクリプションサービスは、主に音楽などのコンテンツ配信サービスにおいて用いられている。音楽配信サービスにおけるサブスクリプションサービスは、1曲ごとに販売・課金する方式ではなく、月額で定額料金を支払えば、その期間内は音楽をいくらでも自由に聴ける、といった利用形態となる。

ここ数年でApple MusicやGoogle Play MusicSpotify等の定額制の音楽配信サービスが急速に伸びています。

対して、TSUTAYA等のレンタルショップは大打撃をくらい、閉店を余儀なくされているそうです。

サブスクリプション配信の仕組みとは?

簡単に言うと、曲が再生されるとお金が入る仕組みです。結構前にNHKのクロ現でやっていましたが、比較すると以下のようになるそうです。

CDアルバム – 110円(1曲あたり8.48円
ダウンロード1曲 – 16.6円
ストリーミング1再生 – 0.16円

サブスクリプション配信をしている著名アーティスト

僕が知っているApple Musicで配信されている著名アーティストが以下の通り

Mr.Children/いきものがかり/サカナクション/TWICE/乃木坂46欅坂46/ONE OF ROCK/西野カナ/福山雅治/宇多田ヒカル/三浦大知/JUJU/秦基博/椎名林檎/flumpool/UVERworld/AAA/スキマスイッチ/絢香/大原櫻子/JY/高橋優/Suchmos/Superfly/フジファブリック/GReeeeN/GLAY/Aimer/篠崎愛/ファンキーモンキーベイビーズ/Little Glee Monster/大橋トリオ/ケツメイシ/クリス・ハート/EXILE/Sonar Pocket/ドリームズカムトゥルー/くるり/ナオト・インティライミ/ELT(Every Little Thing)/ゲスの極み乙女・/MACO/アイドリング!!/でんぱ組.inc/水曜日のカンパネラ/中島美嘉/AKB48/松田聖子/Negicco/きゃりーぱみゅぱみゅ/E-girls/Flower/

実際に以上のアーティストの配信が確認できました。もちろんこれ以上にもたくさんのアーティストが聴けます。中には、いきものがかり秦基博はここ最近からサブスクリプション配信を始めています。

サブスクリプション配信でアーティストは稼げるの?

結論から言うと、「CDがバリバリ売れてた2000年代には及ばないが今のCD売上よりは稼げそう」というのが世界のレーベル会社の見立てのようです。

現在CDの売上は、2000年代の1/3まで減少しています。それもそのはず、CDデッキやコンポで聞く時代から、ウォークマンiPodなどの小型音楽プレーヤーに、さらにスマートフォンの普及によりスマートフォンで音楽を聞く時代に変化しています。

5年位まではiPodもバリバリ売れていましたが、今ではiPod Touchのみになり、AppleのホームページのカテゴリからもiPodの文字は消えています。

f:id:uaxblog:20180510185206p:plain

AppleのHPにiPodの文字はなくなり、いまではMusicに置き換わっている〜

時代は変わっている

僕は今後はサブスクリプションが主体になっていくのではないかと見ています。

音楽媒体はレコードに始まり、カセットテープ(今の小中学生はもう知らないのかな?)になり、CDになり、音楽プレーヤーになり、ダウンロード配信になり、サブスクリプション配信になり、と…

CDが登場したのはもう30年以上前のことですし、時代は変わってもおかしくないはずです。

gigazine.net

Gigazineさんに記事でわかりやすい記事がありました。まさしく、この通りで、CDのシェアは年々どんどん減っています。時代に相応する媒体が必要なのではないでしょうか。