【学生必見】学生専用クレジットカードのメリットとは? [現役大学生が解説2018最新]

f:id:uaxblog:20180424003756p:plain

みなさん大半の方がご存知の通り、大学生になると自分のクレジットカードを作ることができるようになります。僕も大学生ですが、この度2枚目のカードを作りました。

今回は、学生がクレジットカードを持つことのメリットを詳しく解説していきます。

学生がクレジットカードを持つメリット

大学生がクレジットカードを持つメリットとは何でしょうか。

①ネット通販などの支払が格段と楽になる

f:id:uaxblog:20180424003849p:plain

クレジットカードを作るか否かで迷う理由の代表的な例。これまでに、カードを持ったことがない学生の方は、インターネット通販での支払いは代引か、コンビニやATMのペイジー支払などで対応していたかと思います。(現に僕も高校生まではAmazonの支払はペイジー支払で対応していました。いちいちATMまで出向いて支払してたのは懐かしく感じますねぇ笑。)

 

f:id:uaxblog:20180424003956p:plain

これがクレジットカードでの支払いに変わると、注文から発送までがスムーズに行われるので、急いで送って欲しい商品が最短時間で届きます。
よい例では、最短で当日届くamazonプライムお急ぎ便。また、プライム料金も支払えるようになるため、学生向けの”Amazon Student"も利用できるようになります。やったね!(登録すると数千円無料で買い物ができる&年会費半年無料。これは後日紹介します)

f:id:uaxblog:20180424004118p:plain

また、NetflixHulu動画配信サービス(クレカでしか登録できない)、IIJMioBIGLOBE格安SIM(原則格安SIMはクレカでしか支払登録できません)、インターネットの通信料金ガスや電気などの公共料金の支払にも対応できるようになります。

最近はインターネットが急速に発達し、クレジットカードじゃないと使えないサービスも増えてきたので持って置くのが無難でしょう。

 

②クレジットカードの信用履歴が積める

f:id:uaxblog:20180424004203p:plain

クレジットカードを利用すると、CICなどの個人信用情報機関とクレジットカード会社に、カードを利用した金額をちゃんと返済できているかなどの記録が残ります。
この記録のことをクレヒス(クレジットヒストリー)といいます。

個人信用情報機関へは、クレジットカードを利用して支払いの遅延なく支払ををし続ける限り、直近24カ月分の返済履歴が上書き登録され続け、2枚目以降別のクレジットカードを作るときに審査に合格しやすくなったり、利用限度額の上限も上げやすくなります。

学生の今は、それほど重要性を感じないかも知れませんが、クレジットカードの審査基準としてクレジットヒストリーは高い重要度になっているので、社会人になって作りたいクレジットカードを持つためにも学生のうちにクレジットヒストリーを作っておくのが無難です。

③ポイントが貯まる

f:id:uaxblog:20180424004247p:plain

特に、学生向けのクレジットカードは通常のクレジットカードと比べて、倍以上ポイントがたまります。(次回ご紹介する僕も作った三井住友VISAもそうです)

たかがポイントと思っている方も中にはいるかもしれませんが、公共料金をクレジットカードにしただけでもそれなりのポイントがたまりますし、良いものと交換できるので馬鹿にしてはいけません

④お金の使い方を学べる

f:id:uaxblog:20180424004319p:plain

学生の間に、クレジットカードを使うことによってお金の使い方や管理を学ぶことができます。

クレジットカードは後払い式のカードです。つまり、後で使った分をカードに支払わなくてはなりません。支払いが出来なくては②で述べたクレヒスが傷つきますから管理は超慎重にやらなくてはいけません。

最近では、WEBやスマートフォンのアプリで利用金額も随時確認できますので、来月の収入や貯蓄と相談しながら、クレジットカードを使っていきましょう。

⑤かっこいい

f:id:uaxblog:20180424004442p:plain

文字の通りですw。特に”Apple Pay”の”iD”は僕のまわりではかなりウケがいいです。はじめて使っているところをみせるとお〜すごいな的なことは言われます。

次回予告

f:id:uaxblog:20180424004527p:plain

次回は、僕が実際に申し込んでみてわかった、三井住友VISAの申込から利用開始までの流れを解説します!